ホーム > 学生生活・進路 > アパート等のご紹介

学生生活・進路

アパート等のご紹介


アパート・マンション探しを希望する新入生には、本学近辺を中心に学生生活を送るにふさわしいところを斡旋する良心的な不動産業者をご紹介します。
間取りが1K・1Rの場合、家賃は37,000円〜45,000円(月額)程度です。
充実した学生生活の拠点をみつけることができます。
詳しくは合格通知に同封する資料をご覧ください。


エンジョイ!ひとり暮らし

県外など遠方からの進学者も多い本学。先輩たちはひとり暮らしをどのようにエンジョイしているのか。
ひとり暮らしの魅力や楽しむコツを語ってもらいました。

落合 海斗
親のありがたみが身に沁みて、自分の成長につながる。
 【リハビリテーション学科 理学療法学専攻】
(島根県立大田高等学校出身)
ひとり暮らしで楽しみだったことは、友だちを呼んで賑やかに鍋パーティー! 自分もそうですが、理学療法士をめざす人の多くは人と接することが好きなようで、すぐに友達もできて実現しました。
反対に不安だったのは朝きちんと起きられるか・・・。 以前は親に起こしてもらっていたのですが、何とか起きられています!
今から思えば単なる甘えだったのかもしれません。 それに掃除や洗濯、料理などの大変さを実感して、親への感謝の気持ちが生まれました。 ひとり暮らしにも慣れてきて、大学はもちろん、アルバイトにサークルにと毎日が充実しています!
落合 海斗


丸山 裕子
三人で助け合いながら、みんな充実しています。
 【看護学科】
(広島県立世羅高等学校出身)
同じ看護学科に通い一足先に看護師になった姉と、子ども教育学部の弟と三人で暮らしています。 姉は夜勤もはじまり毎日大変そうですが、看護師になってからも疾患の勉強をしているところを見かけ、私も頑張らないといけないと思わせてくれます。 実習で大変な時には弟が家事をほとんど引き受けてくれて集中することができました。 4年次になって国家試験の勉強や看護研究など忙しくて大変ですが、趣味の時間を設けるなど息抜きをするように心がけて、充実した毎日です。 友人や先生にも助けられながら、三人で仲良く支えあって学生生活を送っています。
丸山 裕子


丸山 裕子
4年間を楽しむためにも人間性を磨くためにも
ひとり暮らしはおすすめ!

岡崎 貴大さん
(リハビリテーション学科 作業療法学専攻)
西風新都キャンパス周辺のアパートは比較的家賃も安く、経済的。 スーパーや飲食店などの施設も豊富で、とても生活しやすい環境です。 近隣でひとり暮らしをしている学生も多く、自宅に集まって、一緒にごはんを作って食べたり、毎日が充実しています。 サンフレッチェ広島のホームスタジアムも近いので、近々みんなでサッカー観戦に行こうと計画を立てています。
岡崎貴大2
ひとり暮らしのポイント
ひとりで暮らしを始めて、今まで親の支えあ助けがあって生活できていたことを実感しました。 ひとり暮らしは、医療人として大切な感謝の気持ちや人間性を養うきっかけにもなりますよ。


▲ページトップへ